ハーブティー 副作用

人気のハーブティーですが、実は薬との組み合わせで副作用やアレルギー反応が出たりします。ハーブティーとの上手な付き合い方をご紹介します。
MENU

妊娠期に飲まない方が良いハーブティー

ハーブにはたくさんの機能があるということは、昔から言われ続けていることです。
世界各国で、美容や医療の現場で用いられてきた歴史や実績は確かなものです。

 

そんなハーブが最近では、産前や産後の体に効果があるということで、
妊娠中や産後にハーブティーを推奨する医療機関が増えています。

 

かなり注目度の高い、ハーブティーですが、中にはハーブのもたらす機能が、
逆効果になって良くない結果を生むこともあります。

 

子宮を収縮させる作用などは、妊娠初期の時期だと早産や流産などを
引き起こしてしまう一因になったりすることもあります。

 

妊娠後期や産後にはとてもおススメなのですが、飲む時期を間違えてしまうと
危険を及ぼしてしまいます。

 

数あるハーブのうち、妊婦さんにはおススメ出来ない、
飲まない方が安全なハーブティーの素材をご紹介します。
妊婦さんには、少しでも安全な日々を過ごしてほしいですね。

 

昔から民間療法として、ハーブが使われていたヨーロッパ。
その効果は今でも科学的に研究が続けられています。
検査結果は公表されていて、妊婦さんが妊娠中に、
飲むことが好ましくないものとして以下のものがあります。

 

なるべく控えた方が良い

・アンジェリカ
 ・クローブ

 

多量摂取は控えた方が良い

・タイム
 ・パッションフラワー
 ・レモングラス
 ・ローズマリー

 

飲まない方が良い

・セージ
 ・セントジョーズワート
 ・チェストツリー
 ・フェヌグリーク
 ・ボリジ
 ・レディスマントル

 

多量摂取は控える方が良いというハーブだと、少ない量を食事やお茶で
使用するには特に問題はありません。
ですが、毎日の日課…というような摂取は気をつけたいですね。

 

ラズベリーリーフなどは、妊娠後期〜授乳中にはとてもおススメなハーブであるものの、
妊娠初期には飲まない方が良いと言われています。

 

出来るだけ、ハーブの専門店で妊娠中だということや、その経過月数と言ったことを伝えて、
正確な情報を得る方が良いでしょう。

 

専門家だと、色々な飲み方のアレンジなども教えてもらえるかもしれませんね。

 

また、日常的に服用中の薬がある人などは、組み合わせによってハーブの効果が得られない、
ということもあり得ます。

 

そういう方は薬との飲み合わせなど、薬剤師の方などに確認してみると良いでしょう。

 

いくら体に良いハーブであっても、一歩飲み方や時期を間違ってしまうと
正しい効果が得られなくなってしまいますので。
母乳 ハーブティー

このページの先頭へ