ハーブティー 副作用

人気のハーブティーですが、実は薬との組み合わせで副作用やアレルギー反応が出たりします。ハーブティーとの上手な付き合い方をご紹介します。
MENU

ハーブティー、飲み合わせに要注意

ハーブティーは、美容、健康…様々な効果があり、数多くの女性達に好まれています。
年々、ハーブティー愛好者は増えているのではないでしょうか。

 

そんなハーブティーですが、実はアレルギー症状、副作用といった
マイナス面が絶対にないとは言い切れないのです。
そいうったことはあまり広く知られていないかもしれませんね。

 

普段飲んでいる薬がある場合などには、ハーブとの飲みあせてで、
病気に影響があったり、副作用が出てしまうことも…。

 

 

もちろん、ハーブティーのほとんどが健康、美容といったことに効果が得られることがほとんどではあります。
薬などと同じく、合う人と合わない人がいることもあります。
心地よくハーブティーを使用するためにも、理解しておきたい使用上の注意を数点、ご紹介したいと思います。

 

 

「セントジョーンズウォート」というハーブをご存知ですか?
このハーブには、抗鬱作用があるので、気持ちが落ち込んでいる時などに
効果をもたらしてくれるのですが、抗鬱剤や鎮痛剤、血液凝固防止剤などといった
薬を服用している場合、注意が必要です。

 

ハーブの効果が強すぎてしまい、トラブルを招いてしまう可能性や、
服用している薬の効き目を妨げてしまうことも起こりえます。

 

 

ハーブと薬、別々だと体によいものであっても、組み合わせ方次第で、
アレルギー症状を起こしてしまうこともあるので、十分こういったことに注意しなければいけません。

 

 

ハーブティーによく使用される「キク科」の植物にアレルギーのある人、特に要注意です。

 

 

カモミール、エキナセアやカレンデュラなどはハーブティーによく使われていますが、
これらはキク科の植物です。

 

ブタクサ、ヨモギで花粉症が出てしまう人は、キク科のハーブでアレルギー症状が
出てしまうこともあるらしいので注意したいですね。

 

 

多量に飲用しなければ、アレルギーが出ないということもあります。
アレルギーのある人は、ハーブティーを楽しむ場合には使用する量を、
しっかりと注意しながら使うようにしましょう。

 

 

その他にも、持病を持っている人にも注意が必要です。
病気や治療薬に、ハーブの成分が悪影響を及ぼしてしまうことがあります。
わかりやすいように、少し例をあげてみましょう。

 

・高血圧、糖尿病→リコリスを控えましょう

 

・腎臓疾患→ジュニバーベリーを控えましょう

 

・心臓病や腎臓疾患→ホーステールを控えましょう

 

・出血傾向のある人→サフラワーを控えましょう

 

 

 

ご紹介した例は少しですが、他にもたくさんあります。
参考書などで確認するも良し、専門店で詳しく聞く手もあります。

 

どちらにしても、自分だけの判断で決め付けてしまうと危険です。
何か問題が生じてしまってからでは遅いのです。

 

 

持病があって、薬を服用している場合などには、
主治医や薬剤師などといった人に、飲み合わせなど注意点をしっかり確認しましょうね。

 

このページの先頭へ